KUCC

熊本大学サイクリングクラブ

夏合宿 乗鞍班3日目

サイク部の朝は早い。

 

 

特にこの朝は、警備員のおっちゃんが来る前に出て行かなければならない。

眠い目をこすりながら準備を済ませ、

 

本日は白川郷へ向かう。

 

f:id:chariguma55:20180904131845j:image

 

 

f:id:chariguma55:20180904131759j:image

この日朝食は妥協のコンビニ。(例の件で)

 

f:id:chariguma55:20180904131610j:image

先頭くりたいの特急列車

丁度よい気温で気持ちが良い

 この調子ならすぐに白川郷まで到着するのでは。

 

 

 

 

しかし事件は起こった

 


f:id:chariguma55:20180904131750j:image

R360通行止めで 目的地白川郷へ行けないことが発覚

下調べをしない旅人の末路である。

 

そこで急遽、回れ右をして乗鞍岳に行くことに

 

天気は上々。良い景色が見られそう

 

f:id:chariguma55:20180904131501j:image

なんとも暇な道中

 

でんぱ母直伝の神ゲーをすることに、

 

0から9の番号を各々選ぶ。

後続から来る自動車のナンバープレートに、選んだ数字があったら、その選んだ数字の個数が点数になる。

10点先取で優勝!

ex) ナンバーが4194

選んだ数字が4なら、4が2個あるので2点

選んだ数字が3なら、0点といった感じ。

 

なんとも単純なゲームだが、意外とハマる。

 

 

 

 

 

 

 

でんぱ4連ビリ 

 

 

f:id:chariguma55:20180904131617j:image

 

f:id:chariguma55:20180904131856j:image

乗鞍へ向かう途中の自販機お茶が全部売り切れ

死ぬ..

 

f:id:chariguma55:20180904131815j:image

どこかの競技部に颯爽と抜かれ、ボトルの水分は尽き、斜度は6~8%

 

もうやめて!とっくにジャッキーのライフはゼロよ!

 

と、言っても登るしかない

 

f:id:chariguma55:20180904131430j:image

 ばらけるメンバー

 

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 


f:id:chariguma55:20180904131630j:image

いのちの水だ........................

 

 ただでさえボトルは尽きて、水ってだけでもありがたいのに、キンキンに冷えてやがるっ・・・!!

 

f:id:chariguma55:20180904131832j:image

 

「え?何?くりたいも水欲しいの?」

 

「ほしいなら」

 

 

 

くれてやるよ!

 

f:id:chariguma55:20180905235056g:plain

ありがとうございまああああああああああああす



さて

f:id:chariguma55:20180904131809j:image

飲んだ分はしっかり野に放つ

 

 

のぼりまーす

 

f:id:chariguma55:20180904131427j:image

 

ながいのなんの

文句を垂れながらノロノロ


f:id:chariguma55:20180904131627j:image

f:id:chariguma55:20180904131823j:image
ただでさえ激坂なのに後ろに約10kgの荷物を載っけてる限界ローディー

f:id:chariguma55:20180904131744j:image

疲労困憊で平湯峠に到着

 

 

 

 しかし

f:id:chariguma55:20180904131818j:image

なんと本番はここからなのである。

 

標高1,684 mの平湯峠を起点とし、標高2,702 mの畳平を終点とする、岐阜県東部の乗鞍岳に向かう延長14.4 kmの山岳観光道路(wikipediaより)

 

ここから更に14キロ1000メーターアップ

 

ロードに乗り始めて3年目、

こんなに酷なことは無いと思った。

 

が、不思議と楽しく感じていた。多分もつ もそうだろう。生粋のクライマーなので

 

f:id:chariguma55:20180904131418j:image

小一時間登り


f:id:chariguma55:20180904131644j:image

ちょっとした展望台にきた。





f:id:chariguma55:20180904131835j:image
休憩がてら後続のメンバーを待つ

 

f:id:chariguma55:20180904131508j:image

 くりたいは高山病にでもかかったのだろう。

 

f:id:chariguma55:20180904131902j:image
f:id:chariguma55:20180904131445j:image

ジャッキーも到着。

 

ジャッキーが管理していた調味料群が約2kgもあるらしく、元気なくりたいへと譲渡された。

荷物の再編を行い、再スタート!

 

 

 



f:id:chariguma55:20180904131448j:image

おいおい待ってくれ

 

 

 f:id:chariguma55:20180904131503j:image

待ってくれってば

 

 

悪天候を察知したローディーがどんどん下山していく。

 

f:id:chariguma55:20180904131826j:image

f:id:chariguma55:20180904131457j:image

写真奥のローディーを見て頂ければ分かるだろうが、本来最小限の荷物で登るべき所だ。間違っても、写真手前のアホのような大荷物で登ってはならない。

対比が素晴らしい一枚となっている。


f:id:chariguma55:20180904131421j:image

と、言っても登るしかない。

最高到達地点は目の前だ!

 

 


f:id:chariguma55:20180904131559j:image



ハンガーノックを通り越したくりたいは

 

f:id:chariguma55:20180904131437j:image

道草を食い始めた(ダブルミーニング)

 


f:id:chariguma55:20180904131413j:image

死因 道草

 

仕方が無いので、こいつは置いていこう。

 


f:id:chariguma55:20180904131805j:image

しばらく登って見下ろしてみた。どうやら、もつに回収されたみたい。

 



f:id:chariguma55:20180904131650j:image

もつにも置いてかれたみたい。

 

 

この後、雷雨 

 

雲との距離が近いためか、当たる雨粒が痛い

 

雷にも何発か打たれ(実質)

 

叫びながら山頂を目指した。

 

 

雨が弱まり始めたとき、やっと山小屋に到着した。

 

f:id:chariguma55:20180904131741j:image

f:id:chariguma55:20180906162516j:image

でんぱ

HP■■□□(まひ) 

f:id:chariguma55:20180906173600j:plain

もつ

HP■■■□(よゆう)

 

f:id:chariguma55:20180906163041j:plain

くりたい         ジャッキー

HP■□□□(きぜつ)(くさい)   HP□□□□(ひんし)

 

f:id:chariguma55:20180904131451j:image

からっぽの体にあったか~いうどんを流し込む。

 

 

普通であれば写真を撮りに山頂を歩いて回るのだろうが、寒い、とにかく。満場一致で下界へおりることに。

 

f:id:chariguma55:20180904131409j:image

長野県側に下る。


f:id:chariguma55:20180904131738j:image
写真上部の白い部分は雪である。

世間は夏真っ盛りの8月やぞ?

乗鞍半端ないって!


f:id:chariguma55:20180904131858j:image


f:id:chariguma55:20180904131829j:image

ギリギリまで粘ってみたが、乗鞍岳 [検索] でヒットするような景色は1ミリも見られなかった。

笑ってしまう。

公式ホームページとかの絶景はこの写真にすり替えておこうと思う。

 




f:id:chariguma55:20180904131536j:image

 ちょっと回復したが、コレジャナイ感。

 

f:id:chariguma55:20180904131433j:image

位置エネルギーを運動エネルギーに変換する

といっても路面状況が最悪なので、終始フルブレーキ。

 

f:id:chariguma55:20180904131454j:image
f:id:chariguma55:20180904131602j:image

遠距離ヤエー


f:id:chariguma55:20180904131647j:image

 

疲弊した身体に鞭を打って松本市まで進む

写真を撮るような余裕もなく、ひたすら漕いだ。


f:id:chariguma55:20180906162634j:image
晩飯にありつけたのは日付が回ってからだった。


なんとも過酷な一日だった。

この合宿のメインを走りきったメンバーの顔は痩せこけていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけ

 

コインランドリーにて

f:id:chariguma55:20180904131608j:image
意味深

 

 

次の日はこちら→「夏合宿 乗鞍班4日目 - KUCC

前日はこちら→「夏合宿 乗鞍班2日目 - KUCC